今日は、世界環境デー

質問です。 1年間で、世界の海に流れ込んでいるプラスチックの量は 次のうちどれでしょう? A. 500万トン B. 800万トン C. 1300万トン 答えは、C. 1300万トン。 1300万トンってどれくらいかっていうと、 2014年の年間の東京都の一般廃棄物の量が460万トン(…

お花の元気度がわかる

いつも訪れる近くのお花屋さん。 一坪くらいの小さなお店を、 朗らかなおばさんが切り盛りしています。 なぜそのお店に行くのか? 今日のそれぞれのお花の元気度を教えてくれるのです。 そして、どんなお花の取り合わせにするか 「これどう?」 「あ、それい…

論文発表会完了!

今日は、博士論文発表会。 同じゼミの女の子と前後して発表。 学部院生の子たちが、聴きに来てくれました。 終わってから、学食で一緒にランチしようと思っていたけど、 ふと、そう言えば、正門を出て少し坂を下った角っこに 小さなかわいい喫茶店があったな…

無意識のその向こう

先日受けた身体と声のスキャン。 声のスキャンをして、私の意識と無意識にある VAKを教えてくれました。 その時は、面白いなぁ、と思って聴いていましたが、 フォローアップのメールを頂いた時に その方が、こんなことを仰いました。 無意識のさらに奥のその…

心動くホームページとは?

あなたは、文章を読んで、 感動したことありますか? もちろん! 感動する物語を読んで、涙したことあるよ。 そうですよね。 感動する物語を読んで、心が動いたこと、 何度もあるかと思います。 では、 お店のホームページを読んで、 感動したことありますか…

どんな視点で?

先日、お薬を処方して下さっている先生に 電話で治療経過報告をしました。 その先生は、ベストセラー作家さんでもあり、 先生が書く文章は、読む人のこころとからだを緩めてくれます。 今回のご報告は、ちょっと体調が優れなかったこと、 頑張りがきかなくて…

スキャンしてわかったこと

今日は、紹介してもらったピアノの先生に、 体と声のスキャンをしてもらいました。 面白いですね。 NLPでいうところの、VAKが声の波動でわかるのだそう。 VAKとは? V=Visual(視覚) A=Auditory(聴覚) K=Kinesthetic(触覚) なんですね。 私の場合、 …

現場の目と耳であること

10,000km離れている上司と仕事をする上で、 私が意識していること。 それは、現場の目であり、耳であること。 上司は、私たちのオフィスの現場を知らない。 現場を直接見ることはできないし、 こちらで話していること、すべてを聞くこともできない。 私が提…

リズム=楽しい!xスピード

今日は、先日お休みした講座のZoom での補講。 どんな講座かというと、文字の練習。 お手本の動画を見て、同じように書くのです。 小学生の時、お習字を習っていました。 お手本通りに書かなきゃいけない、 そう思って、お手本と見比べ見比べ書いていました…

Hold Your Dreams

今日、たまたま出会った言葉たち。 あなたの時代がやってきましたよ☆ Freedom is being yourself without permission. ”Hold your dreams” Countless hours of learning more Countless hours of knowing less Can't look behind you You have to look ahead…

困ったことを伝えるときは

「最近、歩くの下手になって」 94歳の叔母は、圧迫骨折をしてから、 杖をついてゆっくり歩くようになっていましたが、 最近は、歩くのがおぼつかなくなってきたようです。 そのことを 「最近、歩くの下手になって」 と笑いながら言う。 叔母は、困ったことを…

福々しい笑顔と元気の秘訣

「一緒にカーテン見てもらおうと思って、 今日は、カーテン屋さん呼んでるんよ」 94歳の叔母が言いました。 40年経って古くなった縁側のカーテンをかけ替えたいと カーテン屋さんを呼んだのだという。 15時に来てくれるらしい。 チャイムが鳴って、玄関を開…

神様が用意してくれているよろこびのサプライズ

「だますよりだまされるほうがいい」 という言葉があります。 でも、だまされるのは、痛くていやですよね。 では、質問です。 「だます」「だまされる」のそもそもの始まりは何でしょう? それは、「うそ」。 20代の頃、初めて だまされた、と感じたことがあ…

また近いうちに!

昨日、同僚のことをブログに書いていたら、 改めて、同僚とのことがいろいろと思い出されて そしたら、明日東京へ発つ前に もう一度会いたくなりました。 昨日、お土産リストで買いそびれた ほうじ茶とお香を持って。 彼女たちの日本の旅もいよいよ終盤。 奈…

やさしさの結晶

先日、ジブリ美術館のチケットをとってほしいとの 依頼を受けていた同僚の家族が 東京、箱根、京都、広島を経て 大阪へやってきました。 彼女は、私が最も古くから知る同僚の一人。 入った当時の、とにかく聞いてばかりいたときに メールだけのやりとりでし…

ちいさな秘密兵器の威力は?

この3月の締めで、全国一位の営業成績をあげた弟。 営業の仕事が楽しいのだという。 確かにいつも生き生きと仕事をしている。 そんな弟を、この4月に支店長になった上司の方が どうしてそんなにいいネットワークが作れるのか 教えてほしい、と飲みに誘ってく…

バランスボールに乗って

夜、弟とテーブルをはさんで、話をしていると、 弟の向こうに、バランスボールに乗って こっちを見ながら、ぴょこたんぴょこたん 飛び跳ねている母が見える。 「どうしたの?」 と聴くと、 「今日は、楽しいなぁと思って」と。 こんな母を見るのは、すごくう…

読み違い、聞き違いの天才は?

今日は、久しぶりに弟が実家に帰ってきて、私も実家へ。 夜、母が洋服に着いていたタグの名前を 「これなんて読むの?」と聞くので、 インターネットで探してみました。 ”une autre"「ユノートル」 「へぇ、続けて読むから ユノートルって言うんだね」 と二…

なんだかんだ言っても

質問です。 なにか新しいことを始めるとき、 自分の壁に立ち向かうとき、 まず最初に 「むずかしそう。。。」 「できるかな。。。」 「うまくいかなかったらどうしよう。。。」 って思ったりしませんか? この最初に感じる 「むずかしそう。。。」 「できる…

花を生けること

私にとって、花を生けることは、 精神統一であり、よろこび。 花の色、形、配置を見ながら はさみをとる。 花ばさみ特有の、声高く、芯の入った パチン パチン と響く音が、 ひたすらに花に向き合う 無の世界へと導いてくれる。 この音は、私の記憶に深く根…

カリスマ美容師と呼ばれるワケ~その7~お客さんのよろこびは?

「あぁ、よかったです。」 お客さんの立て込む中、 時間通りに仕上げてくれたマサさん。 会計を済ませると、 いつもエレベーターのところまで、 見送りに来てくれます。 エレベーターを待っている間、 時間がかかって申し訳なかったです、 今日はこんなふう…

カリスマ美容師と呼ばれるワケ~その6~視点を変える

質問です。 「視点を変える」ことが大事って、よく言われますね。 では、なぜ、視点を変えることが大事だと思いますか? 朝から、フルスピードで動き回るマサさん。 そんな中でも、お客さんとおしゃべりを楽しむ余裕は忘れません。 ショーやコンテストの審査…

カリスマ美容師と呼ばれるワケ~その5~お客さん2

8:20の予約を受け付けてくれた カリスマ美容師のマサさん。 お店に行くと、まだ誰もお客さんはいません。 音楽が流れ始めた、静かなお店の中を歩き、 髪を洗ってくれるアシスタントの人に 「今日は、朝早くから出勤してもらって、 ごめんなさい」と言うと、 …

カリスマ美容師と呼ばれるワケ~その4~お客さん1

今回の東京行き。 カリスマ美容師の方に午前中でお願いしたいと 電話予約の時に伝えると、今回はいっぱいなんです、 と受付の人に言われました。 残念、、、と思っていたら、 カリスマ美容師の方から、電話がかかってきて 10時開店のところ 「今回は、9時か…

かしこみかしこみ

「『かしこみかしこみ~』なんて言ってるうちに 人生おわっちゃうよ」 「あ、これやってみたい!」 「これ、あそこで使えるな!」 「これ、聴いてみたい!」 「あれも聴いてみたい!」 と思った週末の楽しかった学びのことを、 友人に話していた時のこと。 …

奥深い「できた!」の天才の道

先日の楽しかった方眼ノート講座を受けて 「あ、これやってみたい!」 「これ、あそこで使えるな!」 「これ、聴いてみたい!」 「あれも聴いてみたい!」 とイメージを膨らませては、 一人ワクワクしていました。 そんなとき、友人に 講座の中で、よく知る…

なぜ、講座が「楽しい!」と思えるのか?

週末の方眼ノートの学び。 今回は、再受講を含めて、5回目の学びでしたが、 今までで一番楽しかった。 とにかく「すごく楽しい!」を 先生に連発していました。 先生も、講座の終わりに 「今日は、楽しかったです」と。 楽しい想いは、伝染するんですね。 さ…

なぜ、話すのが苦手でも、伝わるのか?

昨日に続き、方眼ノート講座の2日目の自己紹介。 面白おかしくお話をされる方もいらっしゃれば、 雄弁に語って下さる方もいらっしゃいます。 熱い想いや、心動くお話、お仕事にかける情熱が伝わってきて お話するのが上手だなぁと思う方々が多かったのです。…

心が揺さぶられる話し方とは?

昨日に続き、今日は方眼ノート講座2日目。 今期、初めて受講される方々が、お一人お一人 自己紹介をしながら、どのように方眼ノートを 使っていきたいのかをお話してくれました。 その中で、私がよく知る人の番になりました。 その人が話し始めると、なぜか…

わからないことに対する行動を書く

「わからないことに対する行動が書けている子と 書けていない子では、全然違う気がする」 今週は、高橋政史先生の方眼ノート講座。 その講座の中で、先生が 「麹町中学では、わからないことに対する行動を書くんです。 なんでもいいんですよ。 『先生に聞く…