読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重い扉が教えてくれたこと

今日は、整体に行く前に時間があったので、人で混雑するデパートで少し買い物をしていました。

気がつくと、いい時間。

予約時間に間に合うために、急いで出口の方へ向かいました。

 

道路に面した大きな扉の前には、出て行く人が途切れることなく続き、

次から次へと重い扉を手で押さえて開けたままにし、次の人に手渡していました。

当たり前のように扉を手渡す風景。

 

私は、早足で出口の扉へ向かって最後尾の人の後に続き、すぐ後ろから来た人に

重い扉を手渡しました。

すると、後ろから扉を持った人が、微笑みながら「ありがとうございます」と。

 

はっとしました。

当たり前のように扉を手渡してもらい、手渡していた私。

軽い会釈こそすれ、そこに微笑みと「ありがとうございます」の言葉がくるとは

思っていませんでした。

急がないとと思っていた私の心は一気に引き戻され、自分のことしか考えていなかった

恥ずかしさと同時に、温かい気持ちに包まれました。

こういう場面で微笑みと共に「ありがとう」が言えたら、世界はもっと平和になるんだろうな、

そう思いました。

 

人がしてくれることであなたが当たり前のように思っていること、ありませんか?

感謝はしていても、言葉にして伝えていないことありませんか?

あなたの微笑と「ありがとう」の言葉に、はっと気づき、あなたに感謝している人がいます。

 

「ありがとう」の言葉と笑顔。

 

私も、当たり前に思ってしまっていることを見直し、感謝の気持ちを

きちんと伝えていこうと思います。