読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペースを合わせる

合気道を始めて、10回の稽古達成。

 

有段者向けと小学生向け以外は、どの稽古に出てもよく、基本的には、女子稽古や

基礎稽古などの初心者向けのものに出ていますが、時々他の稽古にも出てみます。

女子稽古や基礎稽古では、基本の技をじっくりと丁寧に教えてくれるので、

わかりやすく、一つ一つの技を時間をかけて学べるようになっています。

ところが他の稽古では、みなさんある程度の経験者。

技をかけ合うのに、相手が初心者だと自分の稽古ができません。

そこで、生徒でもあり、先生でもある方が、だいたい各稽古に参加していて、

初心者の相手をして下さいます。

私が当たるのは、いつも「しごきの大谷さん(仮名)」と呼ばれる方。

とても面白く、いつも冗談を言っているのですが、道場に入ると声をかけるのも戸惑うくらい

真剣な表情に変わります。

普段女子稽古などで慣れているスピードとは全く違い、とにかく次から次へと技をかけられ、

技をかけるように促されます。

次は左足?右足?などと考えている暇はありません。

私が間違えていても、気づけるようにさっと示したら、はい、次!という大谷さんの

無言の声が聞こえます。

私はただ、とにかく大谷さんのペースに合わせて考える暇なく動く。

ところが、ひたすらそれを繰り返してるいうちに、なんとなくその技の感覚がつかめて

くるような気がするのです。

女子稽古や基礎稽古のゆっくりとしたペースでは、感じることのない感覚です。

稽古中は常に大谷さんのプレッシャーがありますが、終わってみると楽しいと感じているのです。

 

習い事を始めると、初心者向けのクラスがあり、しばらく通っているうちに、

なんとなくやめてしまう、そんなことありませんか?

 

自分にはまだ少し難しいかなという場面に出て、頭で考えず、その難しいレベルにいる人のペースに

ただ合わせる。

すると、今まで頭でどれだけ考えても見えなかった景色が、ふっとあなたの目の前に姿を

現してくれるかもしれません。