読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリスマ美容師と呼ばれるワケ

東京を訪れる機会が増え、一度カリスマ美容師と呼ばれる人にカットしてもらいたいと思い、

予約を入れました。

私がお願いした方は、線が細く、中性的で、とても柔らかな物腰の人。

初めは、いろいろな質問から始まります。

「ここが扱いにくいっていうところありますか?」の質問に、私が答えると

「ここをこうするとそうなりにくいと思うので、~してもいいですか?」と。

気づいたのは、私のどの答えに対しても、「・・・だと思うので、~してもいいですか?」

の形で返ってくること。

カリスマと呼ばれる人。こうした方がいいですよ、とか、じゃあこうしますね、というのが

普通のように思っていたのが、アドバイスをしながらも、必ず「~してもいいですか?」と

相手の了解を取っているのです。

質問して相手のことを知ったうえで、決して押しつけでないアドバイスをし、

そして行動する前には必ず了解を得てから行う。

 

カリスマと呼ばれている人とは知っていても、初対面では、どんな風にカットしてくれるんだろうと

多少の心配もあるでしょう。

それを一つ一つ話し合いながら、相手の了解を得てから進めていく。

するとお客さんも安心して任せられるようになる。

 

一番最初にできる、いえ、最初にすべき、相手に「安心してもらう」こと。

あなたも、初めてのお客さんに「安心してもらう」ために、

「・・・だと思うので、~してもいいですか?」と、まずは一つ一つ相手の了解を取りながら、

話を進めていってみてはいかがでしょうか。

きっと、お客さんはあなたにお願いしたい、そう思ってくれるかもしれません。