読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗から大逆転するには

いよいよクリスマスライブの日。

それぞれが1部と2部に1曲ずつ歌うことになっていました。

私の順番がやってきて、1曲目。

大失敗。普段の練習よりも声が出ない。

この日のためにこれまで練習してきたのに。

緊張して肩と喉に力が入ってしまった、発声練習が十分でなかったなど、いろんな失敗の原因を

考えて、落ち込みました。

こんな歌を聞かされたお客さんは嫌だろうな、そう思うとますます落ち込みました。

 

でも、まだ2部に1曲残っています。

今、この瞬間にできることを考えました。

ストレッチをしてみる、喉をもっと開けてみるなど、技術的なことがいろいろと

思い浮かんできました。それをとにかく全部やってみる。

そして、何よりも「楽しそうに」歌おうと決めました。

 

いよいよ私の2曲目。

「楽しそうに」歌うと決めて臨んだ2曲目は、大成功でした。

必ずしも声が思うように出たわけではありません。

それでもたくさんの拍手と良かったよ、素晴らしかったよの声を頂きました。

 

一度大失敗をした後、なぜ2度目はうまくいったのでしょう?

技術的なことではないことは確かです。

一度失敗をして、落ち込んで、そのまま2度目も失敗する場合と、今回のように

一度目に失敗して落ち込んでも、2度目に大逆転できる場合があります。

その違いはどこからくるのでしょう?

 

失敗をすると、意識はまず自分に向かいます。

自分の良くないところが浮き彫りになり、自分を責めて落ち込みます。

問題は、その後です。

今回の場合、とことん落ち込んでから、お客さんに楽しんでもらうにはどうすればいいのだろう、

と考えました。そして、お客さんから見て「楽しそうに」歌うと決めたのです。

そう、視点が、「私」から「あなた」に変わっているのです。

 

失敗した時の自分は、ツッコミどころ満載です。

失敗の原因は、自分の中にいくらでも見つけられます。

ほおっておくとどこまでも落ち込んでいけます。

また、意識が自分に向いたまま、技術的なことに失敗の原因を求めると、今この瞬間に

劇的に改善できることはほとんどないでしょう。

つまり、失敗した時に、自分に意識を向けたままだと、大逆転は難しいのです。

 

失敗して、とことん落ち込んだら、今この瞬間にできることは、

「私」から「あなた」に視点を移すこと。

「あなた」に楽しんでもらうためには、「あなた」に喜んでもらうためには、どうすればいいか

を考えるのです。

 

もし、あなたが、大失敗をして立ち直れないと思っているなら、

もし、あなたが、ミスをして落ち込んでいるのなら、

もし、あなたが、うまくいかないと悩んでいるなら、

 

一度、視点を「私」から「あなた」に変えてみて下さい。

 

きっと、大逆転がねらえるはずです。