読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンチにジョークを

12月は、決算月。

様々なところから、締め日までに滑り込ませたい案件がどんどん押し寄せてきます。

ところが世間はクリスマス休暇。

本部で処理してくれる人手が足りなくて、物事が遅々として進みません。

リクエストだけがどんどん私のところに積み上がっていきます。

10,000km離れた上司との週3回のミーティングもここのところ毎日で、ただただ用件のみを

次から次へと伝えて処理していく。

しかもこんなぎりぎりに滑り込ませようというものは、大体が一筋縄ではいかない案件。

次第に心に余裕がなくなっていたのだと思います。

すると先日、上司とのミーティングを終えてしばらくしてから、「在庫」というタイトルの

メールが届きました。

何だろうと思って開けてみると、上司の名前のついたプラスチックのトレイが

渦高く積み上げられた承認待ちの書類の山の重みで、真ん中からメリっと割れて

ずっこけたように傾いた書類の山の写真が一枚。

思わず吹き出したと同時に、ふっと肩の力が抜けました。

 

ハリウッド映画でも、絶体絶命の危機にさらされている場面で、主人公が時々ジョークを言う

シーンがありますよね。

どんなに絶体絶命のピンチでも、どんなに状況が悪いように見えてハラハラしても、

主人公がその場面でジョークを言うと、絶対やられる気がしないと思いませんか?

 

もし、あなたが、心に余裕がなくなっているように感じていたら、

もし、あなたが、 ピンチに立たされているなら、

もし、あなたが、どう考えても分が悪い状況にいるなら、

 

ハリウッド映画の主人公のように、ジョークを決め台詞で言ってみませんか?

 

あなたは、絶対 負けません。