読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「確実に」流れを変えるためには

質問です。

あなたは、よくない流れを「確実に」変える方法は何だと思いますか?

 

昨日お伝えした流れを変える方法、それは、「私はできる」「私は愛されている」「私はついてる」

と、鏡の中の自分に向かって1分間 話しかける、でした。

今日は、その自己暗示を確固とした自信に変え、確実に流れを変える方法をお伝えしたいと思います。

 

ヒントは、昨日の私のブログの中にあります。

へこんでいた状態から、流れが変わるまでに私がした自己暗示以外のもう一つのこと。

それは、

ノートに書く、です。

 

もし、あなたが、ネガティブな感情を引きずっているなと感じているなら、

もし、あなたが、しばらく気分が晴れないなと思っているなら、

もし、あなたが、同じ失敗を繰り返しているなと感じているなら、

 

ノートに書く。

 

なぜか?

 

ノートが全てを教えてくれるから。

 

あなたをへこませた出来事を書き出し、そのことについてあなたが感じたことを書く。

書いているうちに、「なんとなく」の へこみ感いっぱいで占領されていた頭と心が

整理されていきます。

 

ではどのように整理されていくのでしょうか?

 

「書き出す」ことで、あなたが何にへこんでいたのかその理由がはっきりとわかるようになります。

そして、その理由についてあなたが感じたことを「書く」ことによって、自分の感情の動きを

客観視できるようになります。

 

なにが起こってどんな理由であなたの感情が動いたのか。

それが客観視できると、おのずとあなたの頭と心の中が整理されていきます。

客観視できるようになるのは、あなたが頭と心の中に閉じ込め、解決しようとしていたものを、

あなたからネガティブなものを切り離して全部取り出し、目に見える形でノートに

書き出すから。

 

へこんでいる理由がわかって、あなたのネガティブな気分を認めてあげたら、あとは、

その状況を打破するための行動するのみ。自然とそういう気持ちに変わっていくから

不思議です。

 

この、出来事とそれに反応した自分の感情を客観視することによって起こる自分の感情の

変化のプロセスを経ずに、自己暗示だけでは、あなたの感情は元に戻りやすいのです。

 

「ノートに書く」そして

「私はできる」「私は愛されている」「私はついてる」と鏡の中の自分に向かって話す

 

そうすれば、あなたは確実に自分で流れを変えることができます。