読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Never give up

質問です。

今、あなたには何かうまくいかないことがありますか?

 

もし、あなたが、「自分なりに頑張ってみたけど、うまくいかないなぁ。もうそろそろ

やめようかな」って思っているなら、

もし、あなたが、「私には、才能がないのかもしれない」と思っているなら、

もし、あなたが、「いくら頑張ってもできないよ。もう嫌だ」って思っているなら、

 

決して、あきらめないで下さい。

 

なぜか?

世の中には、「たまたま」という偶然があります。

全米No.1のベストセラー作家の地位を長年保持していたジョン・グリシャムの初めての作品、

評決のとき」の原稿は、26の出版社にはねられました。

しかし、このあと数々のベストセラーを生み出し、「評決のとき」も、結局

映画化されるに至ります。

 

J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」の最初の原稿は9社にはねられました。

あのハリー・ポッターの原稿が、です。

 

実際、すごい才能を持ちながら、最初の5社にはねられたところで、あきらめ、成功しなかった

多くの作家がいます。

画家でも、生前は評価されず、死後に世界的な名声を得る人がいますね。

私たちの日常には、この「たまたま」が至るところに存在し、私たちをいつも試します。

 

もし、ジョン・グリシャムが、J・K・ローリングが、たまたま、26社の出版社にはねられ、

9社の出版社にはねられたときに、「私には、才能がないのかもしれない」とあきらめていたら、

「法律事務所」「ペリカン文書」「依頼人」などのベストセラー小説も、映画も

生まれていなかったし、世界的ベストセラーとなったハリー・ポッターシリーズも

この世に生まれていなかったのです。

 

「たまたま」の著者、レナード・ムロディナウは断言します。

『全ての分野の成功者が、ほとんど例外なく、ある特定の人間集団 

-けっしてあきらめない人間集団- の一員であるのはそのためだ』と。

 

けっしてあきらめない人が、全ての分野において成功しているのです。

 

もし、あなたが、「自分なりに頑張ってみたけど、うまくいかないなぁ。もうそろそろ

やめようかな」って思っているなら、

もし、あなたが、「私には、才能がないのかもしれない」と思っているなら、

もし、あなたが、「いくら頑張ってもできないよ。もう嫌だ」って思っているなら、

 

決して、あきらめないで下さい。

 

そして、全ての分野の成功者が、ほとんど例外なく、けっしてあきらめない人間である

ことを思い出して下さい。