読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリスマ美容師と呼ばれるワケ~その3~時間

真実をお伝えします。

カリスマと呼ばれる人は、相手の時間を相手の想像以上に大切に扱います。

 

なぜか?

時間の大切さを誰よりもよく知っているから。

 

今回も東京での勉強会を終えて、カリスマ美容師さんのもとを訪れました。

予約を入れた時、かなり混んでいる様子で、その時間しか空いていないとのこと。

混んでいると、途中の待ち時間が増え、最終的に思ってもいなかった時間になることもあります。

今日は、その後の予定もあったので、待ち合わせ場所に間に合う時間を逆算して、

この時間までに終えてもらうことはできますか?と聞いてみました。

すると、念のため、30分早く来てもらえますか?と。

 

予約時間より、30分前に美容室に着くと、確かに混んでいます。

それでも、「ようこそ!来て下さってありがとうございます」という面持ちで迎えてくれ、

早速に取りかかってくれます。

 

たくさんのお客さんの間を行き来しながら、会話も楽しみながら、仕上がった時間は、

私がお願いした時間より、45分早い時刻。

以前にお願いした時も、予定時間より、30分以上早く仕上げてくれました。

 

通常、人は、いついつまでにお願いしますというときは、少し余裕を持たせて伝えるはずです。

そのことがわかっていながら、どれだけ忙しくとも、お客さんの時間を最優先に考え、

確実に、そしてさらに余裕をもって時間を確保する。

 

人の時間を大切にしよう、とよく言われます。

しかし、相手が想像する以上に、相手の時間を大切にする。

自分の時間が、自分が思っている以上に大切に扱われると、人は感動します。

 

ここにもカリスマ美容師と呼ばれる理由がありました。