読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わからないことは聞く

もし、あなたが、「なんであの人はあんなことを言ったのだろう?」とか

「あれはどういう意味なのかな?」って思っているなら、

聞きましょう。

直接、本人に聞きましょう。

 

人は、何となく、のニュアンスで「あれってきっとこういう意味だよね」とか

「たぶんこういうことだよね」って自分で納得してしまいます。

それは、自分が改めて聞きにくいことだったり、相手が言いにくいだろうなと思うような時には、

特に、ニュアンス、雰囲気で納得しようとします。

 

でも、そういうときほど、聞いた方がいいです。

 

なぜか?

どこかに誤解がある可能性が高いから。

  

その場にいた人たちも、同じように「きっとこういう意味だよね」って自分で納得してたりする。

あなたが、直接声を上げて聞いてくれたことで、「あ、そういうことだったのね!」って

誤解が解けたり、言いにくそうに言った本人も「あれ?そういうことだったの!?」って

わかったりする。するとどんどん話が進む。

 

聞きにくい時ほど、わからないことは直接本人に聞きましょう。