読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

協働作業の始めにすること

真実をお話しします。

 

協働作業で上手くいかない時、初めに、相手と目を合わせて確認し合うことが大事です。

 

なぜか?

 

それだけで成功の確率が保証されるから。

 

今日は、半年に一度の歌の発表会。

みんな今日のために、練習を重ねてきました。

朝、会場に入って、本番前、最後のピアノの先生とのリハーサル。

今回は、それぞれ2曲続けて歌うことになっていました。

 

1曲目、無事終了。2曲目、大失敗。

 

でも、リハーサルでの大失敗を、本番中に、あることをしただけで成功に。

 

なにか?

曲を始める前に、ピアノの先生と目を合わせて、確認しあったこと。

 

リハーサルの時、1曲目は、ピアノの先生と目を合わせて確認し合いました。

でも、2曲目が始まる前、先生の方を見ていませんでした。

すると、思わぬタイミングでピアノが始まり、頭の中は小さなパニック。

途中の歌詞が飛んでしまい、それをフォローしようとして下さった先生のピアノも

おかしなことに。

 

本番、曲の始まりに、ピアノの先生と目を合わせて、確認し合う。

お互いの準備が整ったこと、そして、今からいい音楽を作っていきましょう、という

無言の確認。

目で確認し合い、お互いが頷いたところで、先生がほほ笑む。

 

それだけで、曲の成功の確率は保証されます。

 

もし、あなたが

 

「協働作業がどうもうまくいっていないなぁ」と感じているなら、

 

「足並みがそろっていないなぁ」と感じているなら、

 

協働作業を始める前にはいつも、相手の目を見て、確認し合うこと。

 

それだけで、あなたの成功の確率が保証されます。