夜風を楽しみながら

 

今日のお宿は、初めての地。

 

ならば、ちょっと探検に出てみよう。

 

近くに八幡宮があるらしい。

 

18:00過ぎの夕暮れ時だけど、まだ明るい。

 

八幡さんは、今の時間、お詣りできますか?

 

フロントの人が、

 

「提灯がたくさんあって、

明るいので境内に入れますが、

お詣りできるかどうか。

 

歩くと20分くらいかかります」

 

20分か。

 

夜風が気持ちいいから、行ってみよう。

 

途中、親切なご家族に道を教えてもらいながら

八幡さんに向かう。

 

着いてみると、

ほんとにたくさんの提灯がほの明るい

灯りで、八幡さんの入り口を美しく照らしている。

 

境内近くの鳥居の前まで行くと

赤い提灯にパッと灯りが点った。

 

ハイテクだ。

 

そんなことに感心しながら

本殿の前で、お詣りさせてもらって

また、夜風を楽しみながら

お宿にもどった。

 

「歩くことで、言葉が生まれる」

 

一行目先生の言葉。

 

今日も、夜風を楽しみながら

たくさんの言葉が生まれました。

 

 

 

 

 

 

思わず涙があふれる言葉とは?

 

今日から、楽しみにしていた

メイクの中級レッスンが始まった。

 

今日は、先生の講師仲間の人も来ていて

いつにも増して、わいわいとにぎやかだ。

 

レッスンが始まると、

先生がテキストを読んでくれる。

 

テキストに書かれていることは、

深くて、シンプル。

 

それを、先生の言葉で

絶妙なたとえをつかって

話してくれる。

 

ただのメイクじゃない。

 

先生が目指すのは、

先生の言葉で言うと

 

「暮らしが美しい人」

 

「存在が美しい人」

 

だから、テキストの言葉が

先生の言葉で、

さらに深みを増す。

 

毎回、何気なく話す

先生のふとした言葉に、

思わず涙があふれそうになることがある。

 

すごく不思議だけど。

 

感じるのは、

 

先生の言葉は

愛とそこはかとない心のあったかさから

発せられている言葉だということ。

 

そんな先生と、同じレッスン仲間と

ノートの話になって

一行目先生の話をしたら、

講座受けたいな、Zoomないかなぁって☆

 

ブログも読みます、って☆

 

またまた一行目先生のZoom講座を

楽しみに待っているステキな人たちが増えました~^^☆

 

 

 

 

 

 

 

次の議長は?

 

今日は、毎月恒例の部局のテレビ会議

 

パリ、ナイロビ、コペンハーゲンと大阪を

つないで会議する。

 

今日は、私の上司が議長だった。

 

毎回、会議の終わりに、次の議長を決める。

 

で、すべての議題が終わったとき、

何を思ったのか、上司が

次の議長に、私を指名した。

 

 

ちょ、ちょっと待ってー!!

 

私がこういうの超得意ではないの

知ってますよねー!!

 

って、上司には言いたかったけれど、

こちらを見ているテレビ越しの

みんなの視線に圧倒されて

 

”Yes"

 

としか言えなかった。。。

 

会議が終わってから、

上司に私の心の叫びを言いたくて電話をかけた。

 

すると、

 

「次の議長のボランティアは?って聴いたとき、

なぜ手を挙げなかったんだ?」

 

と、さらに上をいく上司。

 

でも、私がこういうの超得意でないの知ってますよね!

 

「今日の私のを見てただろう。カンタンだ」

 

うっ、何も言えない。。。

 

「やるか?」

 

、、、はい

 

「今、合意したな?よし」

 

 

チームワークを大切にする上司は、

いつも相手の言葉を受け取って、

合意を目指す。

 

プロジェクトチームから

どんな相談やクレームが来ても、

最後には、相手が納得する合意に

もっていく上司を、常々すごいなぁと思っている。

 

どんな理不尽なクレームが来ても、

相手の言葉をしっかり受け止めているから

提示する解決策が相手への配慮に満ちている。

 

だから、相手も納得して合意するのだ。

 

で、

 

合意したけど、

 

納得したけど、

 

私、どうする!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先を急いでも

 

昨日は、95歳の叔母のところへ。

 

車を運転していると、2,3台前の車が

道路脇で止まっている。

 

後に続いている車が車線変更している。

 

私も、と思ったら、

私の後続車もどんどん車線変更していた。

 

しばらく入れないなぁ

 

そう思っていたら、

車線変更していた私の後ろの車が

斜め後ろで止まってくれた。

 

その車の後ろにも

何台も車が連なっている。

 

え?行ってもいいの?

 

その車の前に、入らせてもらった。

 

車線変更って、

前の車の流れを待たずに

自分が先を急ぐ時に使うもの

 

そう思っていた。

 

車線変更して、

そこで止まってくれたことに

心が動いた。

 

先を急いでも、

道を譲れる心のゆとり。

 

素敵だなぁと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

まちがい?それとも

 

先週は、あとになって痕跡を見つけました。

 

今日は、車を運転している時に、

私を呼ぶ声がしました。

 

単なるまちがいでしょうか?

 

それとも、、、

 

 

もしも、まちがいでないなら

 

しるしを ください。

 

 

私が

 

 

そうだとわかる

 

 

しるしを。

 

 

 

 

 

カリスマ美容師と呼ばれるワケ ~その究極の理由~

 

マサさんが先月、執行役員になった。

 

現場から執行役員になったのは、

マサさんが初めてなのだそう。

しかも、最年少の執行役員

 

そんなこともあってか、来週、

ようやく2か月半ぶりのお休みを取れるのだと言う。

 

「でも、久しぶり過ぎて、

朝、お墓参りして、

実家近くの弟の整体で、体を整えてもらって

その後、戻ってきて

巨人戦のシートをとってくれた社長さんと

野球を見たら、あっという間に終わっちゃいそうです」

と言って笑う。

 

ときどき、お墓参りされるのですか?

 

「1か月に1度は、必ず。

時間があれば、月に2,3回行きます」

 

千葉に実家があるマサさん。

 

「3時間あれば、行き帰りの1時間ずつで行ってこれるので、

朝5時に出て、父親にいろいろ話して帰ってきます」と。

 

マサさんの実家も、従業員を抱える美容室。

 

でも、お父さんは20数年前になくなったのだという。

 

小さい頃から、お父さんの仕事を見ていたから、

プロボクサーから転身して、

独学で、20代半ばからの遅いスタートにも関わらず、

今のマサさんがあるという。

 

「両親には、感謝しかないので。

いろいろ話して帰ってきますね」

 

あぁ

 

この人にして、このこころの在りよう。

 

言葉をなくした。

 

マサさんのような人に

髪をしてもらえることが

とてもしあわせだと思った。

 

カリスマ美容師たる所以。

 

それは、

 

自分のカリスマを

いつまでも大切にし続けるこころ。

 

それが究極の理由なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

男子も魅了するサンリオピューロランド

 

1か月半ぶりの美容室。

マサさんのアシストに

サトーくんが来ていた。

 

マサさんのアシスタントから

デザイナーになって、1年半で

全国120店舗のデザイナーのコンテストで

優勝したサトーくん。

 

いい感じののび太くんのようなゆるキャラは健在ながら

ちょっと貫禄も出てきたね☆

 

そんなサトーくんが、

サンリオピューロランドの話に

興味津々。

 

「さっきシャンプーしてた女の子に

聴いたんですけど、サンリオピューロランド

行ってきたんですか?」

 

以前、赤字経営からV字回復させた

今のサンリオピューロランドの女性館長について

特集していた番組を見て、いたく感動したのだと言う。

 

今回ツアーを企画してくれた先生も

館長とお話をして、すごく感動したことを

話してくれていた。

 

先生から聞いて、私もその女性館長さんに

とても興味を持ったのだ。

 

「僕も、行きたいと思ってたんですよ~」

 

さすが、サトーくん。

 

「8月には、行ってきます!」と。

 

また、感想聴かせてねー^^☆