ちゃんとバランスがとれている

 

「おねえちゃんは、小さいとき

あんまり笑わん子やったけど、

家の中も、笑うっていう

雰囲気じゃなかったなぁ」

 

私をマンションまで送ってくれる車の

助手席で母が言った。

 

やっぱり、そうやったんやね

 

そう言うと、

 

弟が後部座席から

 

「え!?そうやったん!?

全然知らんかった。

いつから気づいてたん?」

 

3歳くらいかなぁ

 

3歳くらいの記憶があるかと言うと

定かではない。

 

だけど、3歳くらいの頃の写真を見ると

よみがえってくる感覚や風景の色味が

母が今言った通りの感覚なのだ。

 

「え~!全然知らんかったわ~。

重苦しく感じた時って、

テストで成績わるくて

怒られてたときぐらいやもんなぁ」

 

そうやろうなぁ(笑)

 

弟は、人と一緒にいるのが

うれしくてうれしくて、

いつもはしゃいでたもんなぁ。

 

人との距離感がわからなくて

悩んでた私とは大違い。

 

同じ時を過ごしても

こうも受け取る感覚が違うものなんだなぁ。

 

弟の人が大好きなところは

今もそのままあって、

宴会部長とかやってる(笑)。

 

自分の会社だけじゃなくて

系列会社とか取引先の会社の

歓送迎会の幹事を頼まれたりしてやっている。

 

今回も、秋の人事異動で転勤になる人の

送別会を系列会社の支社長に頼まれて

やることになっているのだそうだが、

 

大人数の会合はできないから、

4回に分けて開催するため

弟と支社長は、その全部に出席するらしい。

 

ちゃんと弟の個性が活かされて

楽しんでやっている(笑)。

 

私のこの個性は、何に活かされるんだろう。

 

たぶん、これが父も言う

私のものすごく敏感な

ある一方向なんだろうな。

 

 

「お父さんと言ってたんよ。

 

〇〇と△△が二人いてて、

 

本当によかったなぁって」

 

 

私も本当にそう思う。

 

 

それぞれの個性がそのままで

 

 

ちゃんとバランスがとれている。

 

 

 

 

 

 

なんで知ってるん!?

 

父がつけたテレビで、HSCが取り上げられていた。

 

HSCって

 

HSC = Highly Sensitive Child 

 

って略語で、人一倍敏感な子っていうことらしい。

 

私が子供の頃は

こんな言葉がまだ認識されていなかったけど、

こういう子がいるんだって認めてあげるだけで

生きやすくなると思う。

 

私、HSCやと思う

 

って父に言うと、

 

「鈍感やと思うけどなぁ」

 

って。

 

ううん、HSCやと思うよ

 

ってもう一度言うと、

 

「そうやなぁ。

ある一つの方向には、

ものすごい敏感やけど、

あとはだいたい鈍感やな」

 

って。

 

な、なんで知ってるん!?

 

私、そのことに最近気づいたんだけど。。💦

 

さすが父、

 

おそるべし(≧▽≦)☆

 

 

 

 

 

ひとつあげようか?

 

「ひとつあげようか?」

 

96歳の叔母が言う。

 

何をくれるって言ってるのかな?

 

そう思って叔母の方を見てみると、

お彼岸のお供えで届いた小倉山荘の

おかきの箱が入っていた紙袋に

百人一首が書かれていた。

 

2つの側面に書かれているから

ひとつの側面をあげようか?

 

そう言っているのだ。

 

一瞬、う~ん私使うかな。。と思ったけれど、

 

叔母は、こういうのを大事にするんだなぁ

 

「うん、ひとつもらおうかな」

 

そう言うと、

 

「そうか」

 

と言って、ほとんど力の入らない右手で

はさみを持って、休み休みしながら

紙袋の2つの側面を切ってくれた。

 

字が見えにくくなっていたから、

最近は新聞も読まなくなっていたのに

今は切り取った百人一首

楽しそうに詠んでいる。

 

「このうた、おもしろいなぁ」

 

「これは、西山のおばちゃん、よう言うてたなぁ」

 

そんなことを言いながら

叔母が声に出して詠んでいると、

叔父も来て、

 

「それ、もう一回言うて」

 

って、耳を傾けている。

 

叔母も叔父も、こういうのすごく好きなんだなぁ。

 

「〇〇ちゃんとひとつずつしたんやで」

 

叔母と叔父が好きなものを

私もひとつ分けてもらって

本当によかったと思った。

 

f:id:Hikokigumo:20200919230415j:plain

                   叔母がくれた百人一首と裏山で見つけた栗☆

 

 

 

久しぶりに大学へ

 

今日は、久しぶりに大学へ。

 

入校制限がかかっているということで、

Oさんが校門のところで待ってくれていた。

 

今日、届いたばかりの解析ソフトと

学内番号通知書を受け取る。

 

本当にありがとうございます。

 

明日は、近所の小学校で体育会があるので

午前中はボランティアしてくるというOさん。

 

「前にPTAの副会長してたときのおまけなんですよ~」

 

そう言って、もう十数年もやっているという。

 

コロコロと笑いながら

虹色のスカートをふわりとひるがえして

自分の車に戻っていった。

 

Oさん、いつも本当にありがとう☆

 

f:id:Hikokigumo:20200919073712j:plain

                            大好きな図書館☆

 

 

ワオ

 

先日、ゼミの先生に提出した論題と要旨。

 

そのことについて先生と話しているうちに、

今ある分析結果では、制限字数内で書くのは

ちょっとカンタンではなさそうだということになった。

 

「新しくこれとこれとこれをデータ分析して出してみて」

 

はい

 

って言ったのはいいけれど、

私が持っている解析ソフトの期限が切れている。

 

ダウンロード版なら、2,3日で届く。

今週末に分析をすれば、時間はある。

 

生協を通じて手配するのが一番早いだろう

ということで、先生が研究助成室のOさんに

つないでくれて、Oさんを通じて生協に発注する

ようにしてくれた。

 

申込書に記入する情報を入れていると、

学内番号の記入欄が。

 

そういえば、6月くらいに通知書を

送ってくれてたよね。

 

そう思って、学校関係の書類を入れてる

ファイルを見たけど、ない。

 

え!?なんでないの!?

 

本棚も、学校関係のボックスファイルも

ぜ~んぶ見たけど、

何回も見たけど、ない!

 

なんで!?

 

えっ!?しかも今週末は4連休じゃない!?

 

土曜日までに届かなかったら、

次は水曜日まで来ないってこと!?

 

慌ててOさんに電話する。

 

学内番号が見つからないんです!

 

「ワオ。

でも大丈夫大丈夫。

情報センターに聞いたらわかるから」

 

Oさんの落ち着いた

でもちょっとおどけた

 

「ワオ」

 

が心を落ち着かせてくれた。

 

Oさんと話して、

私はすぐに情報センターに連絡。

 

Oさんはすぐに生協にダウンロード版とDVD版の

納期の確認をしてくれることに。 

 

情報センターに事情を説明すると

番号は再発行してくれて、学内便で、

明日には研究助成室に届くとのこと。

 

あとは、解析ソフトの発注が

土曜日までの納品に間に合うか。

 

すると、Oさんと生協のKさんが

仕入れ先に確認してくれて

学内番号は後からでもよくて

 

今日の14時までに発注すれば、

明日にはDVDが到着するとのこと。

 

ほんとですか!

是非DVD版でお願いします!!

 

そうして、

OさんとKさんのおかげで

トントン拍子に明日の納品が

可能になった。

 

通知書が見つからなかったときは

どうしよう、、、

って呆然としたけれど、

 

Oさんの言葉に

心の落ち着きを取り戻すことができ、

 

OさんとKさんの

スピーディーでスムーズな連携のおかげで

今日の結果が実現しました。

 

Oさん、Kさん、

 

今日は、本当にありがとうございました。

 

OさんとKさんが

 

今日手配して下さった解析ソフトで

 

必ずいい論文、書きます。

 

 

 

 

 

やっぱり、うちの母はおもしろい☆

 

今朝も母は、最近お気に入りの孔子の言葉を

持ちだしてきた。

 

 

「お母さん、七十歳やから、

 

何でも好き勝手にしたらいいんやなぁ」

 

 

「何でも好き勝手にしたらいいっていう

 

お墨付きの歳やからなぁ♪」

 

 

「七十代って花やなぁ♫」

 

 

 

やっぱり

 

うちの母は、おもしろい^^☆