読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できないからこそ

来月のクリスマスライブに向けて、今日はまた歌のレッスン。

ところが、レッスン前に練習した時には問題はなかったのに、教室で発声練習を始めると

喉に何かが詰まったような感じで、ガラガラ声しか出てきません。

これまでも何度か同じようなことがあったのですが、いつもそれは不意に起こり、

原因に心当たりはありません。しかも一度なってしまうと、だいたいその日の声はそのままです。

声がちゃんと出ないなら、と、両足の親指の付け根に力を入れて踏ん張ったり、

意識をお腹の下へ引っ張ってみたり、声を奥歯に当てるように歌ってみたり、

普段 先生から言われることを総動員して、綺麗な声を出そうと試行錯誤の連続です。

それでも、声はガラガラのまま。喉の調子なんて、個人的なことだし、

先生も聞かれても困るよね。。。と思ったのですが、思い切って聞いてみました。

 

すると、先生が「喉に何かが詰まったようになってガラガラ声になるときは、口が開いていない証拠

って言われるの。一度 口を思いっきり大きく開いて声を出すと取れるよ」と。

え!? 解決策あるの? しかも原因はそんなシンプルなことで、解決策はそんなに簡単なこと!?

そう思いながら、思いっきり口を大きく開いて歌ってみました。

すると、さっきまで喉に詰まっていたような感覚が取れ、ガラガラ声が消えて、

一本筋の通った澄んだ声が出るようになったのです。

喉に何かが詰まった感じがして声が出ないから、無意識のうちに喉をかばって、

口を開けるのが小さくなっていたのでしょう。

 

できないから他でカバーしようとするのではなく、できないからこそ その部分を

思いっきり使ってみる。

解決策は、いつも意外とそんなに簡単なことなのかもしれません。

 

できないからこそ、思いっきりやってみる。

 

あなたも、できないと思っていること、思いっきりやってみませんか?

意外と簡単にできてしまうかもしれません。