読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらでする

歌の教室のクリスマスライブが近づくにつれ、練習にも力が入ってきました。

歌うために私がいつもすることは、まずYoutubeでいろんな人の歌い方を聞いて、

自分の好きなスタイルを選びます。

そして決まれば、次はその人がどんな歌い方をしているのかを1小節ずつ見ていき、

楽譜に自分なりの歌い方の記号を付けていきます。

一つの曲を丁寧に紐解いていく感じです。

そして、つけた記号に沿って通して歌ってみる。次に暗譜して歌えるように練習する。

 

あなたは、この練習の流れの中での大事なポイントって何だと思いますか?

1曲を1小節ずつに分解して紐解いていくことも大事そうですね。

でも、もっと大事なポイントがあります。

それは、暗譜すること。

 

プロの歌手がアマチュア違うのは、歌をどう表現して伝えたいかを考えて歌っているから。

そのためには、歌を暗譜していないと、あなたの感情も表現も乗せることができないのです。

まず、そらで歌えること、その後に人を感動させる歌が歌えるかどうかがついてきます。

 

ものごとの上達のまず一歩は、そらでできること。

 

あなたも、何か上達したいと思っているなら、まずそのことをそらでできるようにしてみませんか?