読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレゼントをするときに使うのは

結論から言います。

あなたの「優しさ」を表すためにまず最初にすること、それはイメージすることです。

 

先日、友人から小包が届きました。

私の誕生日を覚えていてくれて、プレゼントを送ってきてくれたのです。

仕事でいろんな国を飛び回っている彼女が送ってくれたのは、出張の先々で見つけた小物やしおり、

お菓子などでした。

私をイメージしてモロッコの市場で選んでくれたというバブーシュ(皮スリッパ)をはじめ、

どの雑貨たちも私の好きなデザインや色使い、テイストのものばかりでした。

まるで宝物箱のよう。

 

そして今度は私がイメージする番。

出張の先々で、忙しい合間を縫って私のことをイメージして買い物をしてくれている友人のことを

思うと、あったかい気持ちになりました。

 

もし、あなたが、優しさを表すってどうしたらいいの?と思っているなら

もし、あなたが、相手が喜んでくれるかどうか自信がないなら、

もし、あなたが、プレゼント選びって苦手、と思っているなら

 

あなたのイメージを使って、相手が喜んでいる顔をイメージしてみて下さい。

 

なぜか?

 

相手の視点に立って考えられるようになるからです。

 

先日からお伝えしてきた優しさをもった行動は、

相手の視点に立って考え、相手の幸せのために頑張れるもの でした。

 

相手の喜ぶ顔をイメージする。

 

するともうあなたは、相手の人を笑顔にしたのも同じです。

 

 

「優しさ」のポテンシャル

真実をお話します。

成功するには、「優しさ」が大事です。

 

先日参加した高橋政史さんの「THEコミットメント」。

その中で、2人一組になってお互いのフューチャーマッピングを描くというワークがありました。

一緒にワークしたのは、塾の先生。

今年1年、幸せにしたい相手を選んでストーリーを作っていきました。

先生が選んだのは塾の生徒で中学生の男の子。

ストーリーを作りながら、先生がひとり言を、でも力を込めて

「あいつポテンシャルあると思うんだよなー」と。

なぜ、数多くの塾の生徒の中でその男の子をポテンシャルが高いと思い、選んだのか

その理由が気になって聞いてみました。

 

「なぜポテンシャルが高いと思ったのか?」

その答えは、即答でした。

「めちゃめちゃ優しいんですよ」と。

 

いろいろお話を聞いていると、シャイでお礼や優しい言葉を、へらずぐちをたたいて照れ隠し

しながら、それでもちゃんと伝えようとする男の子の姿が見えてきました。

男の子の「優しさ」が先生の心を動かしたのです。

 

昨日のブログでお伝えした「優しさ」とは、

 お礼を言われなくてもいい

見返りがなくてもいい

嫌われてもいい

相手の幸せを心から願って行動することが本当の優しさ でした。

 

そして 

もし、あなたが、今 仕事がうまくいっていないと焦っているなら、

もし、あなたが、今 成績がなかなか伸びないと悩んでいるなら、

もし、あなたが、今 人間関係がうまくいかないと悩んでいるなら、

 

あなたの「優しさ」を相手に行動で表してみて下さい。

 

なぜか?

 

「優しさ」を持った行動は、成功を導く高い可能性を秘めているからです。

 

では、なぜ「優しさ」は成功を導く高い可能性を秘めているのでしょうか?

 

「優しさ」を持った行動は、相手の視点に立って考え、相手の幸せのために頑張れるもの

だからです。

 

人は誰かのために頑張れるけど、自分のためには頑張れない、と高橋さんは言われます。

 

研究とは関係のないところでも人の役に立つことで、それが研究の成功につながる

と言われた研究者の方を思い出しました。 

 

「優しさ」は人の心を動かし、成功を導く高い可能性を秘めている。

 

仕事や成績とは関係のないところでも、あなたの「優しさ」をもって人の役に立つことで、

あなたは成功を手にすることができるのです。 

 

 

 

 

雨の中の優しさ

質問です。あなたは「優しさ」って何だと思いますか?

 

7日前、高橋政史さんの「THEコミットメント」の講座に参加しました。

いつものことながら、短時間で自分の潜在意識にアクセスできてしまう講座で、そして

いつにもまして、いろんなことがつながっていると感じた講座に、高揚した気持ちで

会場を後にしました。

外に出ると雨。傘を持っていなかったので、駅までの5分、濡れていくしかないか、と意を決して

外に飛び出しました。

小走りで行くことしばらく。少し疲れたので歩き始めると、後ろから、キャップをかぶった

スポーティーなお姉さんが小走りで近づいてきて、「お姉さん 傘いる?濡れちゃうよ」と言って、

さしていた傘を差し出してくれたのです。

「え!?でも、お姉さんは?」と私が言い終わらないうちに、「私はすぐ近くだから。あげる。」

と言って、傘を手渡してくれて、雨の中、次の角を曲がって走って行ってしまいました。

こんなにカッコイイ優しさを受けたのは初めて!感動でした。

高橋さんの「THEコミットメント」のセミナーの後に遭遇した、これまで出会ったことのない

素敵な雨の中の優しさ。私にとって、忘れられない一日となりました。

 

もし、あなたにお客さんが満足してくれている実感がないなら

もし、あなたが家族を幸せにできている自信が持てていないなら

もし、あなたが友人の相談にちゃんと向き合ってるだろうかと思っているなら、

幸せになってもらいたい人にあなたの「優しさ」を表してみて下さい。

 

なぜか?

 

「優しさ」は人の心を動かすから。

 

では、「優しさ」って何でしょう?

 

不思議なことに、Wikipediaには載ってないんですね。

それだけ定義するのが難しい言葉なのかもしれません。

いろいろ調べてみて、次のような言葉がすっと入ってきました。

 

お礼を言われなくてもいい

見返りがなくてもいい

嫌われてもいい

相手の幸せを心から願って行動することが本当の優しさ なんだと。

 

そして、自分の幸せを願って行動してくれているかどうかは、相手はわかるんですね。

 

あなたが誰かの特別なヒーローやヒロインになれるシーンは、日常のよくある風景の中に

いくらでもあります。

 

あなたの周りをよく見てみて下さい。

そして、今度そんなシーンを見つけたら、思い切って声をかけて、あなたの「優しさ」を

表してみて下さい。

 

あなたは、いつでも誰かの特別な存在になれます。

 

 

 

f:id:Hikokigumo:20170111023815j:plain

お腹に聞く

しばらく考えに耽っている様子の所長。

先日、その話題になると、所長は、「よくわからないが、Gut feelingでは こうしたほうがいい

と思うんだ」と言って、自分のお腹をぽんぽんとたたいて、「ここじゃなくてね」と

自分の頭を指差しました。

「どう思う?」と聞かれましたが、所長の頭ではなく、お腹で感じた「直感」なら

間違いはないだろうと思い賛同しました。

新鮮だったのは、所長が頭で考えたこととお腹で感じた「直感」とをはっきり区別して

認識していること。

私の場合、迷っているときは特に頭で考えているのかお腹からくる考えなのか

はっきりせず、なんとなく、という感覚。

でも、区別できているなら、あとはお腹の声に従えばいいだけ。

 

もし、あなたが、何かに迷っているとしたら、

もし、あなたが、何かに悩んでいるとしたら、

もし、あなたが、決められないと思っているとしたら、

一度、自分の「お腹に聞いて」みる。

 

なぜか?

 

お腹が正しい答えを知っているから。

 

自分の頭の中に知識がなくても、経験のデータがなくても、あなたのお腹はちゃんと知っています。

だから頭で考えるのではなく、自分の「お腹に聞いてみる」。

きっと、あなたのお腹が、あなたに一番ぴったりの答えを教えてくれるでしょう。

 

江戸の知恵で2017年の準備を

今日は、これからの季節にぴったりのやさしい味わいで、しかも元気の出る飲みもの

「甘酒」をご紹介したいと思います。

 

甘酒には2種類あって、酒粕を使ったものと、米麹を使ったものがあります。

馴染みがあるのは、お正月の神社や、お茶屋さんでふるまわれる酒粕を使った甘酒の方

でしょうか。

私の実家でも、冬になるといつも祖母が甘くて生姜たっぷりの酒粕の甘酒を作ってくれ

ていました。隠し味にお酒を入れて(笑)。

 

今日、ご紹介するのは、米麹を使った甘酒です。

酒粕を使った甘酒は、お正月や桃の節句で振る舞われるため、冬のイメージがありますが、

米麹を使った甘酒は、夏バテを防ぐ飲み物として、俳句では夏の季語になっています。

 

もし、あなたが、最近忙しくて疲れるなと感じているなら、

もし、あなたが、最近忘年会続きで飲み過ぎてるなと感じているなら、

もし、あなたが、最近お肌が乾燥するわと感じているなら、

 

米麹の甘酒を一日1杯飲んでみて下さい。

 

なぜか?

 

米麹の甘酒には、たくさんの効能と江戸時代の知恵がいっぱい詰まっているからです。

 

甘酒は飲む点滴と言われるほど、100種類以上の酵素が含まれており、江戸時代には

夏の栄養ドリンクとして親しまれ、力仕事をする大工さんなどは、朝飲んでから仕事に

出かけたそうです。

また、悪酔いを防止するために、酒席の前に甘酒を飲むのは「武士の作法」だったとのこと。

それに、日本人が発見した麹に含まれているコウジ酸は、抗酸化作用に優れ、肌の水分を保ち、

花粉症や皮膚炎にも効果があると言われています。

その他にも、集中力向上、アンチエイジング、髪フサフサ、など様々な効果があるようです。

 

お酒を飲む機会も増える忙しい師走のこの時期、江戸時代の知恵がたくさん詰まった甘酒で、

お酒も疲れも翌日に残さず、元気に2017年への準備を 進めていきませんか。

 

 

 

受け身が大事

今日は、年に一度の道場全体の演武大会。

小学生から有段者まで一堂に会し、日ごろの稽古を演武で披露する日でした。

 

これまでは、自分の稽古でも、演武を見る時でも、取り(相手を倒す側)にいつも視点が

行っていました。

演武大会で取りをするのは、主に師範や有段者の方たち。

先輩方の技がどんなものか、いつも視点は取りにありました。

 

ところが、今回の演武大会で、魅了されたのは、受け(受け身をとって倒される側)の方々の演武。

私のような初心者の技にも、全力で投げ飛ばされてくれます。

そう、取りの技如何に関わらず、全力で投げ飛ばされて下さる受けの方によって

演武は素晴らしく成り立つのです。

また、有段者の方々が小学生に大きく投げ飛ばされたあと、次の瞬間には元の体勢に戻っている

軽々とした美しい身のこなしに目を奪われました。

 

そして閉会の辞。

日頃の稽古と今日の演武を称えて師範が言われたのが、「受け身が大事」と。

受け身によって、身体、型、氣が作られていくと。

そして、学び、まねて、練習することによって必ず上達していくと言われました。

 

「受け身が大事」。

 

なぜか?

 

受け身をとることによって、基本の型を覚えていくことができるからです。

 

どういうことかというと、

 

受け身で大事なのは、できるだけ素直に受けをとること

           ↓ そのためには

相手に逆らわず、素直に受けをとるためには、相手の動きをよく観察する必要がある

           ↓ すると

先輩の相手の動きが分かってくる

           ↓ そして

先輩は受けで技のつかい方や体のつかい方を無言で教え、導いてくれている

           ↓ だから

基本の型を覚えていくことができる

 

のです。

 

この「受け身が大事」、合気道だけでなく、他のことにも通じると思いませんか? 

 

もし、あなたが、ものごとが思うように上達せずに悩んでいるなら、

もし、あなたが、上司とうまくいかないと悩んでいるなら、

もし、あなたが、人間関係がうまくいかないと悩んでいるなら、

 

「受け身が大事」を思い出してみて下さい。

 

相手に逆らわず、相手を観察し、素直に受け身をとる。

するといつの間にか、相手の攻撃を受けながらも、相手の力をあなたのものにし、

軽々と相手との関係を築いていく基本の型を手に入れることができるでしょう。

 

 

 

 

 

ピンチにジョークを

12月は、決算月。

様々なところから、締め日までに滑り込ませたい案件がどんどん押し寄せてきます。

ところが世間はクリスマス休暇。

本部で処理してくれる人手が足りなくて、物事が遅々として進みません。

リクエストだけがどんどん私のところに積み上がっていきます。

10,000km離れた上司との週3回のミーティングもここのところ毎日で、ただただ用件のみを

次から次へと伝えて処理していく。

しかもこんなぎりぎりに滑り込ませようというものは、大体が一筋縄ではいかない案件。

次第に心に余裕がなくなっていたのだと思います。

すると先日、上司とのミーティングを終えてしばらくしてから、「在庫」というタイトルの

メールが届きました。

何だろうと思って開けてみると、上司の名前のついたプラスチックのトレイが

渦高く積み上げられた承認待ちの書類の山の重みで、真ん中からメリっと割れて

ずっこけたように傾いた書類の山の写真が一枚。

思わず吹き出したと同時に、ふっと肩の力が抜けました。

 

ハリウッド映画でも、絶体絶命の危機にさらされている場面で、主人公が時々ジョークを言う

シーンがありますよね。

どんなに絶体絶命のピンチでも、どんなに状況が悪いように見えてハラハラしても、

主人公がその場面でジョークを言うと、絶対やられる気がしないと思いませんか?

 

もし、あなたが、心に余裕がなくなっているように感じていたら、

もし、あなたが、 ピンチに立たされているなら、

もし、あなたが、どう考えても分が悪い状況にいるなら、

 

ハリウッド映画の主人公のように、ジョークを決め台詞で言ってみませんか?

 

あなたは、絶対 負けません。