読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お福分け

先日、警備員さんからスイーツを頂いて元気をもらった私たち。

それぞれの週末を過ごしてオフィスに出てきた私たちは、何やら手に荷物を持っていました。

同室の同僚は、プリンを買ってきたから、と。

もう一人は、週末に高野山に行って有田みかんを買ってきたから、と。

私は、週末 実家からキウイが届いたから、と。

それぞれが警備員さんに渡そうと思って持ってきていました。

出かけた先で、旅行先で、警備員さんを思い出して買ったんだろうなと思うと、

そんな二人が素敵だと思いました。

そしてそれぞれが、警備員さんと私たちの分も用意していたので、

それぞれにお福分けに預かることに。

 

期せずして、同じ日に同じことを思って持ち寄ったお土産とそのお福分け。

相手を思う気持ちというのは、こうして広がっていって周りの人も幸せにするのですね。