読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの能力を引き出す「中途半端」のススメ

もし、あなたが「完璧主義で、つい時間がかかってしまう」とか、

「自分で納得いくものができるまで、人には見せられない」とか、

「中途半端なものを出して、できない人と思われたくない」と

一度でも思ったことがあるなら、その完璧主義をなんとかして、

さっさと仕事を片づけてしまう方法、知りたいと思いませんか?

 

完璧主義をなんとかして、さっさと仕事を片付けるには、納得いかない出来ばえでも、

早めに提出する勇気を持つこと。その勇気を持つためにおススメしたいのが、

「ブログを毎日書く」こと。

え!?どうして?って思いましたか?

 

毎日ブログを書こうとしても、書けなくて頭を抱える日もあります。納得のいかない文章しか

書けないこともあります。でもとにかく毎日投稿するのです。

つまりそれは、あなたにとっては、中途半端なものを出していることになります。

でも、しばらくそれを続けていると、中途半端なものでも出せるようになってきます。

慣れてくるのですね。そうなるとしめたもの。

あとは、中途半端で出すことの威力と効用をどんどん体験できます。

 

中途半端なものを早めに出すことの効用は、それを目にした人の数がより多くなり、

フィードバックをより多くもらえる可能性があること。その時、より多くの異なった視点が入った

フィードバックとなるため、より良い修正ができること。

また、早くに提出しているので、修正のチャンスが多く残されていること、などがあります。

 

でも、何よりも、中途半端なまま表に出すことの威力は、あなたの能力をどんどん

引き出してくれることなのです。

どういうこと?って思われましたか?

 

完璧主義のあなたは、中途半端なものを出したことがとても気に懸かります。

すると、提出した後で、次々にあそこはこうすればよかった、ここはこう書けばよかった、

と浮かんでくるのです。

いいものを提出しようと思って、机の前でうんうん悩んでいたときには出てこなかったアイデア

中途半端なまま提出してしまったがために、どんどん浮かんできます。

浮かんできたアイデアをもとにどんどん修正していけば、いつの間にか納得のいくものが

出来上がっているのです。

それに、一旦提出しているので、まだ出せていないと、締め切りに追われるような

精神的ストレスからも解放されます。

 

この方法が有効に働くのは、あなたが完璧主義だからこそ。

完璧主義だから、中途半端で提出したものを気に懸けて、ああすればよかった、こうすればよかった

というアイデアが湧いてくるのです。

つまり、中途半端なものを表に出したことによって、あなたの能力が

どんどん引き出されているのです。

 

完璧主義だからこそ、中途半端なものを提出する。

中途半端なものを表に出すことが、あなたの能力をどんどん引き出すのです。

 

とは言っても、いきなり仕事で試してみるのは・・・と二の足を踏むのも分かります。

そこで、「ブログを毎日書く」です。

毎日ブログを書き続け、中途半端なまま表に出すことの素晴らしい威力を体感してみて下さい。

あなたは、あなたの完璧主義を自分のものにし、完璧主義であることを最大限に

活かしていくことができるようになるでしょう。