読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレゼントをするときに使うのは

結論から言います。

あなたの「優しさ」を表すためにまず最初にすること、それはイメージすることです。

 

先日、友人から小包が届きました。

私の誕生日を覚えていてくれて、プレゼントを送ってきてくれたのです。

仕事でいろんな国を飛び回っている彼女が送ってくれたのは、出張の先々で見つけた小物やしおり、

お菓子などでした。

私をイメージしてモロッコの市場で選んでくれたというバブーシュ(皮スリッパ)をはじめ、

どの雑貨たちも私の好きなデザインや色使い、テイストのものばかりでした。

まるで宝物箱のよう。

 

そして今度は私がイメージする番。

出張の先々で、忙しい合間を縫って私のことをイメージして買い物をしてくれている友人のことを

思うと、あったかい気持ちになりました。

 

もし、あなたが、優しさを表すってどうしたらいいの?と思っているなら

もし、あなたが、相手が喜んでくれるかどうか自信がないなら、

もし、あなたが、プレゼント選びって苦手、と思っているなら

 

あなたのイメージを使って、相手が喜んでいる顔をイメージしてみて下さい。

 

なぜか?

 

相手の視点に立って考えられるようになるからです。

 

先日からお伝えしてきた優しさをもった行動は、

相手の視点に立って考え、相手の幸せのために頑張れるもの でした。

 

相手の喜ぶ顔をイメージする。

 

するともうあなたは、相手の人を笑顔にしたのも同じです。